小児が大きくなってしまった後の夏休みの寂しさ

 こどもが小学校くらいまでのあたり、夏休みといえば退屈を持て余す子供たちを人達連れていく時季でした。
近いところではクラブや蝉受け取りに毎日のように付き合い、父兄も日焼けして真っ黒になってしまいました。
 地元の花火フェスティバルは住宅から見て、双方の実家の近くの盆踊りや夏場催しにも連れていきました。
さらに、夏休みの記憶開発のための身内周遊も欠かせませんでした。休日が見合うのは盆休日しか無く、いかにお実利に赴き、にぎわいや渋滞を控えるかというのが人泣かせでした。1泊2日で運行にそれほど時がかからず、海か山々の辺りというのが我が家の必勝でした。2か1箇月くらい前から宿を突き止め、渋滞を避けるために明方出発しました。そのためかいつも考えよりかなり少なくついてしまい、宿の入室オープンと同時に部屋に入り、宿でずっと遊んでいました。現地は名勝と言うよりは、三男の好みの昆虫キャプチャーのために他に何もないような山々のしている時ばかり行っていました。夜には敷地内で昆虫キャプチャー。午前も早起きして散策を兼ね昆虫採集していました。
 その三男もしている時大学生ともなると父兄と一緒に行動するのを嫌がるようになり、いつしか一緒に出かけることも無くなってしまいました。身内周遊も何年も行っていません。建物から感じる花火もアベック2人間で静かに見ている。こどもの上達のあかしとはいえ、「無名連れてって」とせがまれていたあの時分が思い出深いなあと思います。
 孫が生まれることも本分なさそうなので、これからは夫婦でしみじみと立ち寄ることになるのでしょう。メタルマッスルHMB